28年6月より 留守止め値引きに関するお願い

平素は、朝日新聞並びに日経新聞、東京新聞、日刊スポーツ新聞等々、お付き合いいただき、誠にありがとうございます。
現在、お客さまがご自宅を留守にする時に新聞の一時止(留守止め)を申し受け、その間の新聞をお預かり、後日お持ちする「お取り置き」と「処分」する二つの形を行っています。
一時止に関しての受け付けは従来通り、1日からでも止める事を行います。
新聞代金について、お願いがあります。今まで、1日以上(留守止め処分)する場合、定価よりお値引きして新聞代金をいただいておりました。お値引きする方法が月ぎめ新聞代金を30日で割って1日を算出していましたが、28年6月より販売させていただいた日数でご請求させていただきます。出来れば、お取り置きにて後日、お届けして定価販売をお願いしたいと思っています。
この算出方法で計算しますと、短期の留守止ではお値引できない場合もあります。
新聞代金の基本は月ぎめとなっており、弊社と各新聞社との取引では月ぎめで原価を支払っています。今までお客さまへのお値引き分は全て弊社が負担してきましたが、直近は折込減少のため負担することが厳しくなりました。なにとぞご理解をいただきたいと思います。
*セット販売(朝刊・夕刊)に関しては、一部売りを全て足さずに弊社の取り決めにて計算いたします。

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る