5月25日 須田市長 勇退へ

埼玉新聞5月25日1面:新座市の須田健治市長(70)=6期=は24日の定例記者会見で、任期満了に伴い7月10日に投開票される市長選に出馬せず、今季限りで勇退する意向を示した。須田市長が取り組んできた都市高速鉄道12号線(都営大江戸線)の延伸のめどが立たず「私としてはここらへん

2016/ 5/25 12:42

2016/ 5/25 12:42

が引き際と考えている」と語った。
須田市長は会見で、都営大江戸線の延伸について「県や都など関係機関と全力で協議を進めているが、現状では新座まで延伸という状況にはない」と説明。その上で「この4年間、何としても延伸という目標でやっており、そのめどがつけばもう1期も考えていた。ただ、そう決断できる状況にはない」と話した。進退については後援会と相談して、近く正式に決断するという。
須田市長は新座市出身。大手百貨店勤務などを経て、1984年から連続3期市議を務め、92年に市長選に出馬し初当選した。県市長会会長や全国市長会副会長などを歴任している。
時期市長選を巡っては、前回の市長選に立候補した元市議の嶋野加代氏(62)が動きを見せており、近く出馬表明する。

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る