5月21日 携帯の2年縛り 新ルール

朝日新聞5月21日5面:消費者保護 今日から新ルール  契約のトラブルが多い携帯電話やインターネットなでの契約について、消費者保護を手厚くしたルールが21日から適用される。初期契約の解約制度ができたほか、料金やサービス内容が一覧で分る契約書面の交付が義務化された。複数年契約を条例に割引する「2年縛り」などは、更新時に利用者への事前通知が必須となった。
改正電気通信事業法が21日に施行されることに伴う処置。大手携帯会社のスマートフォンや従来型の携帯電話は、電波のつながりが悪かったり、契約内容の説明が不適切だったりした場合、サービス提供開始日や契約書面の受領日などから8日間は、違約金なしで端末購入を含めて契約解除できる。
光回線やケーブルテレビのネット契約は「初期契約解除制度」が適用され、契約書面を受け取ってから8日間は、利用者が一方的に違約金なしで契約解除ができる。
「よく分からず契約した」との苦情もある有料オプションサービスは契約書面に詳細を明記。高齢者らには配慮して契約内容を説明することも義務付けられた。(毛利光輝)
😐 違約金という言い回しは嫌ですね、今回は携帯電話の契約時に起こる問題が一つ解決したようです。しかし、お客様と契約を結ぶ時に「違約金」をもらうことがあると説明をされていたのでしょうか。私も携帯電話は長く使っていますが、変えたことがないのでこのような問題は、起きていません。話を変えますが、このような問題は他の契約でも起きることなのでしょうか、電力会社の契約も二の足を踏むのは、このように「何かが」潜んでいるのか分からないから、変えないことが安心できると思うよ要因の一つではないでしょうか。

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る