5月11日 妊娠と出産

朝日新聞5月11日29面:無痛分娩で出産する女性が増えている。2008年度の調査では全体の2.6%だったが、現在は5%と推測される。
代表的なのは、脊髄を保護している「硬膜」の外側に細い管を入れ、麻酔薬を注入する「硬膜外麻酔」という方法で、妊婦が我慢できる程度に痛みを抑えることが目標となる。
順天堂大の産科麻酔担当の角倉弘行教授によると、痛みの伝達経路に少し麻酔をするだけなので、赤ちゃんにほとんど影響しないと考えられている。分娩の疲労が減り、産後の育児や職場復帰がしやすいというメリットが期待できるという。
ただ日本では、おなかを痛めて産むことを美徳と考える風潮もあり、世界と比べてまだ普及していない。
角倉さんは「より多くの麻酔科医を分娩病棟に配置できれば、緊急の帝王切開への対応など安全なお産にもつながる」と指摘する。
無痛分娩について、日本産婦人科医会は「母体安全への提言」の中で「十分な産科麻酔の研修を受けた医師が担当すること」とする。利用する場合は「誰が麻酔を担当するか」といった質問をしてみて、真摯に対応してくれる施設を選びたい。(合田禄)
😐 お産の痛みは、男には耐えれないと聞きますが、女性でも軽減できればと思うのは当然のことですね。加えて、安心と治療費もある程度の範囲内でできるならの条件付きですね。

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る