5日 考えようPTA

東京新聞2017年6月2日11面:家族の時間犠牲に 通勤中、突然の招集 ボランティア制を導入した東京都内の小学校PTAを紹介した「考えようPTA」(5月12日掲載)の記事に、読者から多くの反響が寄せられた。共働きの家庭が増える中、負担の重さを指摘する意見が目立った。
自営業の夫が本年度、公立小学校のPTA会長になったという愛知県内の40代女性は「5月だけで校内外の行事が計6回。ほぼ毎月、夜の懇親会などもある」とぼやく。しわ寄せは子どもにも。家庭以外の場で親子が一緒に活動することも趣旨に含むPTA主催の行事でも、役員は運営で忙しく、自分の子どもとは触れ合えない。「しかも、その晩は懇親会。子どもたちは昼間の出来事を自分の親と話せず、寂しい思いをする。一体誰のためのPTAか」
女性は、PTAの意義を認めつつも「家事、育児、仕事をこなしPTA役員を務めるのは負担が重く、なり手もなくなる。拘束時間を少なくするなどサラリーマンでも無理なくできる形にしないと、PTAに未来はない」ときっぱり。
昼間フルタイムで働く保護者は、平日昼間の会合への出席はままならない。フルタイムで働く40代の会社員女性は昨年度、都内の公立小学校のPTA本部役員を務めた。説明を聞き「フレックスタイムや在宅勤務など、会社の制度をフル活用すればできると思って」のことだった。
しかし、当初の説明とは違い、平日昼の会合は頻繁だった。朝7時半に通勤電車の中で「今日は午後2時に学校に集合」というメールを受けたこともあった。会社勤めの保護者も協力しやすい方法を考えて提案したが、ほかの役員たちには「相手にされなかった」という。「前例踏襲など改めていかないと変わらない」と危惧する。
実際に改革に取り組んだという人も、体験を寄せてくれた。名古屋市港区のOA機器販売業渡辺智久さん(46)は、PTA組織の委員を務めた妻から話を聞き、時間をかけてでも自分が変えようと決意。副会長を3年、会長を2年、顧問を1年と昨年度まで6年間活動に携わった。その間に手をつけた一つが、活動の簡素化。「多かった無駄な打ち合わせや集まりを、とにかく減らしました」。夜に開かれることもあった会合も見直し対象に。「夜は家族の時間」として、メールや電話で連絡を取り合うようにして、拘束時間を極力なくした。学校の協力も改革の追い風になった。渡辺さんは「子どもたちの笑顔のため。前例踏襲ではうまく運営できない」と話す。
このほかにも、さまざまな問題が指摘された。教育問題に力を入れる千葉県松戸市議の山中啓之さん(38)のもとには、毎年春になると市民から「事実上のPTA自動加入は納得がいかない」「共働きで介護もあるのに、くじ引きで役員にさせられた」といった声が届くという。「PTAは地域にとって大事な組織。まず会則をオープンにして、保護者の疑問に答えることから始めるべきだ。市教育委員会も『PTAは任意団体』というのではなく、もっと積極的に改革をサポートする姿勢を示してほしい」と注文する。(砂本紅年)

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る