4日 みちのものがたり

朝日新聞2017年7月1日be6面:秩父困民党の進軍路(長野県) 俳優・菅原文太と秩父事件 高原には初夏の爽やかな風が吹いていた。古い家並みが残る長野県小海町の東馬流集落のはずれ。小さな神社のそばに、その墓碑はあった。「秩父暴徒戦死者之墓」 1884(明治17)年11月1日、明治政府のデフレ政策に苦しむ埼玉県秩父地方の秩父困民党の農民3千人が集結して武装蜂起した「秩父事件」。大宮郷(現・秩父市)を占拠、軍隊と警察によって鎮圧されたが、陣容新たに数百人が峠を越えて、信州へと転戦。その最後の戦いがくり広げられたのがここ東馬流なのだ。さらに一部は八ヶ岳山麓の野辺山原へと逃げ、そこで散り散りになった。
墓は1933(昭和8)年、事件50周年を前に、遺族によって建立された。「暴徒」とされ、事件を語ることもできなかった時代、いち早く建てられた追悼碑だ。
2011年12月、ゴム長靴で首には白いタオルといういでたちの菅原文太さん(1933~2014)が、この墓を訪れた。翌年1月にNHK・Eテレで放送されたシリーズ「日本人は何を考えてきたのか」の第2回「自由民権東北始まる」のロケ現場の下見のためだった。
宮城県出身の菅原さんが東北の自由民権のゆかりの地を訪ねるこの番組を企画したNHKエグゼクティブ・プロデューサーの塩田純さん(57)によると、菅原さんからは出演にあたって注文がついた。「自由民権を今の問題として考えたい」「東日本大震災の被災地に行きたい」、そして「ぜひ秩父事件もとりあげたい」。困民党最後の戦場東馬流を訪問したいと望んだ。
菅原さんと秩父事件に接点ができたのは、1980年放送のNHK大河ドラマ「獅子の時代」にさかのぼる。映画「仁義なき戦い」や「トラック野郎」シリーズに主演する東映の看板スターが、ドラマに進出したことでも話題になったが、その内容もまた画期的だった。
山田太一さんのオリジナル脚本で、主人公は会津藩と薩摩藩の架空の下級武士二人。偉人ではなく、民衆の側から幕末・明治の激動の時代の光と影を浮き彫りにした。ドラマの終盤で菅原さんが演じた会津藩士、平沼銑次が一人で鎮台兵に切り込んでいく強烈なラストシーンから31年後。東馬流を訪れた菅原さんは困民党戦死者の墓石に、本人の声でナレーションがかぶせられた。「歴史の中で長く『暴徒』とされた困民党の人々こそ、自由民権の志を最後まで貫いた志士たちではなかったか」
 最後の講演のテーマも・・・ 「獅子の時代」が秩父事件でクライマックスを迎えたのは、時代の空気の反映でもあった。放送翌年の1981年は「自由民権百年」。草の根から近代史を掘り起こす動きが全国に広がっていた。
同年11月、横浜市で開かれた「自由民権百年全国集会」にはのべ7千人が参加。歴史家の色川大吉さんの呼びかけで、山田太一さん、「獅子のー」に主演した二人、菅原さんと薩摩藩士を演じた加藤剛さんも顔をそろえた。
菅原さんは「自分はあくまでも一俳優」とことわりながらも、日本が「どこからか戦争の足音が聞こえないまでもない」状況だとして、「銑次が現代に生き続けて民衆のために戦っているとれば演じがいがある」と発言。「チェ・ゲバラがわれわれのヒーローの1人」「銑次はゲバラじゃないかと考えながら演じていた」とも語っている。
2003年、山田太一さん原作のドラマへの出演が、菅原さんを再び秩父事件へ近づける。「高原へいらっしゃい」(TBS)は現代劇だったが、ロケ地が、秩父困民党がついえた長野県野辺山原だったのだ。妻の文子さん(75)によると、農業に取り組んでいた菅原さんは地元の農家の人々と交流を深めた。困民党に参加した気骨ある農民たちの気風が今も続くような土地柄が気に入り。別荘も建てた。
「いつか困民党が歩いた道をたどってここから秩父に行ってみたい」。そう話していたという菅原さんは車で東馬流を通るとき、いつも感慨深そうな様子だった。権力に抗い、志半ばで倒れた者たちへの熱い共感。俳優・菅原文太の原点はどこにあったのか。
仙台市で生まれ、戦争中は一迫町(現・栗原市)で過ごした。父・狭間二郎は戦前に一時期、プロレタリア詩人として活躍、戦後は画家となった。「生活力がなかった」と父親を、菅原さんは複雑な思いで見ていたようだが、底辺労働者たちの過酷な境遇を憤る父の誌には、菅原さんの反骨精神へ通じるものがある。文子さんが語る。「芯の強い東北人だったという点で似ていた。夫は父からもらった古典文学書をボロボロになるまで読んでいました」
仙台一校の1年後輩で、終生の友だった憲法学者の樋口陽一さん(82)は、桁外れに自由だった母校で培われたものも大きかったとみる。「権勢や流行にあらがって自分の信じるところをゆく。文ちゃんは、借り物ではない自分の言葉をもっていた」
大学に進み、上京するが授業料が払えず除籍。山谷の簡易宿泊所で暮らしたことも。約250本の出演映画で演じたほとんどが社会の底辺や裏で生きる人たちだった。「社長や優しいおじさん役は嫌いだ、年とってやる役がないと言っていました」と文子さん。晩年、戦争を知る世代として、身を削るように反戦、譲憲、反原発、沖縄の基地問題について訴え続け、各地を飛び回る姿は、銑次そのものだった。2014年11月1日には、沖縄県知事選で、辺野古の基地建設に反対する候補の集会に駆けつけた。対立陣営に向けて「弾はまだ残っとるがよ」と、「仁義なきー」の決めゼリフを放ち、地響きのような歓声がわいた。
その8日後。困民党が終わりを迎えた11月9日、菅原さんの姿は秩父市にあった。「秩父事件130周年」の記念講演のためだった。 腰痛でつらそうだぅたが、メモもなしに、90分間をひとりで話し続けた。
「今、日本はおかしくなっていますね」と、低いしゃがれ声でゆっくり切り出したという。そのうえで、「なぜ怒りの声があがらないのか」と嘆く。「秩父事件をみると、かつての日本では、一人一人の力は弱くても、権力の理不尽なことには団結して抵抗する底力があった」
なぜ長年、秩父事件と困民党に「愛着」をもち続けてきたのかについても明かした。「『天朝様に逆らうから助っ人しろ!』と悲痛な覚悟で官憲に突っ込んでいった若者がいたこと聞いて感銘深くてね。天皇制が絶対の時代に、そんな日本人もいたんだと」菅原さんが亡くなったのは11月28日。秩父での講演から19日後のことだった。
文・林るみ 写真・堀英治

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る