24日 朝霞市制50周年行事

東京新聞2017年3月22日26面:市立小中特別給食「おいしい!!」 15日に市制50週年目を迎えた朝霞市が、記念行事の一環として、市立小10校の求職でお祝いメニューを提供した。メニューは赤飯、春野菜の炊き合わせ、朝霞特産のニンジンを使用したゼリーなどが用意された。同市幸町の朝霞第四小(小太刀周校長)では、お代わりを求める子どもたちが配膳台に列をつくった。4年生の増田実咲さん(10)は「ゼリーは朝霞のニンジンの味がする。甘酢っぱくてすごくおいしい」とニコニコ顔だった。
お祝いメニューの給食は市立中5校でも提供された。市では、他の記念行事として植樹や記念映像の初上映、市の新キャラクター発表などを行った。朝霞市は1967年3月15日に町から市へと移行。市制施行時に約5万6千人だった人口が、昨年末には約13万7千人となった。(加藤木信夫)

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る