患者を生きる がん

朝日新聞1月9日28面:高齢化や晩婚化を迎えた昨今、一人暮らしのがん患者は少なくない。おひとりさまの患者ががんと診断された後に不安だったことを訪ねたところ「自分の体」「お金」の順に多かった。必要なサービスについては「家事代行」「話し相手・同じような立場にある仲間」を挙げた。相談員を務めた方は有益なサービス(支援)があることを知っておけば、必要以上に不安にならずに済むと指摘する。
😥 病気の不安を一人で解消することは、到底無理なので話せる「誰か」でも病気になってから探しても遅いので、普段から話せる誰かを見つけるしかないですね。いざ書いてみましたが「誰か」を探すのは意外と難しいですね。

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る