急増メガソーラー摩擦

朝日新聞1月4日3面:「災害を懸念」「景観悪化」反対運動 東日本大震災後、自然エネルギーの普及を促す国の政策に応じて太陽光発電施設が全国で急増する一方で、住民による建設反対運動も目立っている。広大な敷地にパネルを設置することに対し、自然災害時の危険や景観の悪化を心配するケースが多い。国から認定をうけた後、まだ建設されていない計画も多数ある。使われていない土地を活用できることもあり、地域振興策として普及した。一方で住民と地域外の事業者との間で摩擦が起きているケースも出ている。

 

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る