心のケア【2】

朝日新聞2月17日33面:2009年夏、夫(当時60)を突然失った埼玉県の女性(61)は、告別式の準備や夫の勤務先とのやりとりに追われた。 3年前に患った乳がんの定期検査を受けたとのは、夫の死から半年後の10年1月だった。検査の結果、新たに大腸にがんが見つかった。2月下旬、大腸の一部を摘出する手術を受けることになった。 主治医で埼玉医科大学病院乳腺腫瘍科講師の竹内英樹さんは不安で表情が曇る女性に声をかけた。
「乳がんからの転移ではないですよ。きちんと治療できれば治ります。大丈夫、大丈夫」 その言葉を聞いて、女性は少しほっとした。そして切り出した。 「先生、実は半年前に、主人が突然亡くなりまして…」さらに、後悔の気持ちも語った。「半年ほど前から血便に気づいていました。早く受診すればよかったのに…」 夫の死に加え、再びがんと向き合うことになった女性。その心の負担を案じた竹内さんは、提案をした。「外科医の私なんかより、よく話を聞いてくれる先生がいます。受診してみませんか」 手術の3日後、病室に国際医療センター精神腫瘍科の教授、大西秀樹さんがやってきた。精神腫瘍科がカバーするのは、がんに伴う心の問題をケアする分野だ。ただ、女性は大西さんの言葉を聞いても「何のがんを診る先生なんだろう」と、最初はよく分からなかった。病棟の談話室へ移り、2人で1時間ほどはなした。突然夫がいなくななってしまった苦しさ、心の支えを失ったまま、再びがんに立ち向かわなければならない心細さ。女性は誰にも話せなかった思いを吐き出した。 「こんな個人的な悩みを先生に話していいのかしら」そう思いつつも、夫の死後ずっとため込んでいた涙を出し切るほど泣いた。大西さんは話を聞きながら「やや不安感があるものの、うつなどの診断がつくほどではない」と判断。「不安なときは、いつでも診ますからね」と伝えた。病室に戻ると、女性は久しぶりにぐっすり眠った。

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る