子どものホスピス【4】

朝日新聞1月22日29面:2013年の初めに脳腫瘍の症状が再び出て、こどもホスピス病院に長期滞在することになった。6歳になり、長期滞在を決めて3か月が過ぎた。母親は担当の看護師に「覚悟はしているが、あきらめてはいない」と伝えた。医師から、抗がん剤はもう飲まなくてもいいと言われたが、本人が「飲む」と言ったので続けた。7月20日ごろから眠ったような状態になった。23日の昼過ぎ、血圧が下がった。お父さんが体を抱いた。何度もこどもの名前を呼びかけた。午後1時52分、息をひきとった「お疲れさま、ありがとう」「よう頑張ったな」

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る