国民年金 負担軽く

朝日新聞2月6日23面:自営業などの人が入る国民年金、毎月納めなければならない保険料の支払い方法を「前納制度」を利用すると割引になる。まとめて払う期間は、半年分、1年分、2年分の3パターン。現金で納付している人は、年度末までの任意の月分を前納することができる。割引額は各年度で異なる。2016年度は、口座振替の場合、半年前納だと毎月納めるより1,110円の割引に。1年だと4,090円、2年だと15,690円それぞれやすくなる。ただ厚生労働省の調査によると、国民年金の加入者のうち前納を知っているのは59.5%にとどまる。口座振替で前納を利用するためには、2月末までに申し込みが必要で、注意が必要だ(半年前納の後半分の締め切りは8月末)期日までに「申出書」を年金事務所や金融機関に郵送か直接提出する。申出書は日本年金機構のホームページからダウンロードもできる。このほか、口座振替の引き落とし時期を通常の翌月末から1か月早めて当月末に変更すると、月50円安くなる「早割」という制度もある。

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る