医療費を安く [2]

朝日新聞1月13日32面:「患者を生きる」慢性骨髄性白血病と診断された会社員は病院で処方された治療薬(グリベック)を飲み始めた。グリベックはがん細胞を狙い撃ちするとされる「分子標的薬」の一種。検査費55,320円、薬代38,250円合計の3割負担の29,580円を院内窓口で告げられた。公的医療保険では、1か月に支払う自己負担額を一定額に抑える「高額療養費制度」がある。会社が加入する全国健康保険協会に申請手続きをして「限度額適用認定証」が交付され、病院の窓口で見せれば限度額だけ払えば済むことになった。月収約30万円の男性の場合、約8万4千円になる。
😕 月収約30万円の中から医療費が8万4千円に軽減されたと言え生活は厳しくなります。医療費に関して引き続き何らかの方策があればいいですね。

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る