健保情報10.3万人分流出

朝日新聞12月31日30面:厚労省調査は「氏名・住所・保険番号」といった個人情報が流失した恐れがあるとして、調査を始めた。流出情報の悪用による被害は確認していないという。住所は沖縄県を除く46都道府県に及び、大阪府約3.7万人が最も多く奈良県2.5万人、滋賀県2.4万人と続いた。
😐 このような個人情報の流出は、いろんな形でこれからも出てくると思われ、注意を呼びかけ犯罪に利用されない対策が必要です。しかし対策として本人確認の手順が厳しくなれば利便性が損なわれるなど相反する問題がついていきます。

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る