低所得者ローン米で懸念

朝日新聞1月7日3面:昨年の新車販売 最多1747万台、米国で2015年に販売された新車台数が1747万499台となり15年ぶりに過去最高となった。景気回復やガソリン安も背景に、ITバブル期の00年の約1740万台を超えた。ただ、返済能力が低い消費者向けの「自動車版サブプライムローン」も増え警戒感は高まっている。米国では新車を買う時にローンを組むのがふつうで、ニューヨーク郊外の米メーカー販売店は「金利0%}と特大のポスターを何枚も貼る。自動車メーカーが出す奨励金を元手に「金利0%で最長72か月」など返済期間を長めにしたローンを宣伝している販売店もある。リーマン・ショックの過去を振り返り、金融当局は「自動車ローンが公正か確認が必要だ」などと警戒している。

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る