不安持つ親子支える新聞

朝日新聞1月31日31面:不登校の子の思いや情報を発信する新聞「Fonte」(フォンテ)NPO法人全国不登校新聞社(東京都)が月2回、紙版とウェブ版で約2千部(月額820円)を発行する。投稿を苦にしたとみられる中学生の自殺などがきっかけで、1998年に創刊。「学校か死か以外の道を」と訴える。昨年では、子どもの自殺が年間で最も多い9月1日を前に「学校へ行きたくないあなたへ」と題した「緊急号外」(無料)を発行。
俳優の樹木希林さんや不登校経験者らのメッセージを載せた。自身も不登校の経験がある編集長の石井志昂さんは「不安を持つ子や親のためになる記事を届けたい」と話す。問い合わせは東京編集局(03.5963.5526)かホームページ(hhp://www.futoko.org)
関連記事1面:小中学生14年度の不登校12万2902人(心理的要因などで年間30日以上休んだ場合を不登校としている)

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る