ソウル五輪「幻」の金メダリスト

12月23日15面 ベン・ジョンソンさん「世界一のためなら害あるとしても手を出してしまう」1988年のソウル五輪から27年経った今もドーピング同じような効果のある自然のビタミンが作られる背景には、選手がスポンサー契約や賞金と関わる限り、薬に手を染めるリスクがある。多くのお金が入ってきてビジネス競争の場となっている。そして問題が発覚すれば選手だけが罰せられる。そうした状況を見ているととても悲し。私たちは奴隷のようだ。
😥 最後の言葉は衝撃的過ぎて記事を読んでいて考えが止まってしまいました。いくら世の中で光と闇があるとしても多くの選手は自己の肉体を極限まで鍛えて大会に臨むと今でも思っています。

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る