アルカス強化資金 ネットで募集 女子ラグビー

朝日新聞4月14日25面(埼玉西部):リオデジャネイロ五輪に出場する女子7人制ラグビーの日本代表に選手を送っている「アスカル熊谷」は、インターネットで寄付を募るクラウドファンディングを13日から始めた。お金は来年2月に計画しているニュージーランド(NZ)への遠征費に充てる。目標金額は600万円で、7月2日まで募集する。
アスカルは女子7人制の大会で国内最高峰の「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ」で。2014年、15年と2年連続で総合優勝そた。リオで戦う女子日本代表「サクラセブンズ」の選手12人のうち、7人はアルカスに所属する。
充実した活躍ぶりとは裏腹に、資金面では苦しい状況が続く。練習場や用具は立教大学熊谷キャンパスに無償で借りているほか、熊谷市内の企業からの協賛金などで活動を続けている。
寄付は1口5千円から30万円まで6コースあり、金額に応じて選手のサイン入りTシャツをもらえるなどの特典がある。プロジェクトが成功した場合、集まったお金の8割がチームへの寄付に、2割がウェブサイト運営会社の手数料収入になる。目標金額に達しなかった場合は全額返金される。
竹内亜弥主将は「ぜひ応援していただきたい」と話した。寄付の申し込みはブースター(http://www.booster-parco.com/)。
アルカスは寄付と同時に正会員(個人は会費1口1万円)と賛助会員(同5千円)も募集している。入会手続きについてはアルカス熊谷(048.536.9266)。(川崎卓哉)

2016/ 4/14 15:10

2016/ 4/14 15:10

 

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る