がん遺伝性【3】

朝日新聞1月28日32面:遺伝性のがんなのか、確かめるため愛媛県に住む40代の女性は2014年初夏、四国がんセンター(松山市)で遺伝子検査を受けた。結果は、娘と一緒に聞きに行った。もし女性に遺伝子変異があえれば、娘もそれを受け継いだ可能性が50%ある。検査の結果、変異が認められた。乳がんや卵巣がんの発症に関係する「BCA1]という遺伝子に変異があり「遺伝性乳がん・卵巣がん(HBOC)」と確定した。気を取り直して、娘や親族のリスクを質問した。娘に20歳になったら検査を考えようね、検査を受けるかは発症リスクが出てくる20歳以降、娘が自身が決めることになる。もし、遺伝子変異があった場合、次の選択肢は決めていた。「卵巣・卵管をとりたいです」お母さんに伝えた。

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る