9月23日 備える相続税8

朝日新聞2018年9月16日22面:税務調査で申告もれ指摘も 相続税の申告手続きは無事終えましたが、「税務調査」が来る可能性もあると聞き不安です。何か準備しておくことはありませんか。 税理士にとっては日常業務のひとつである「税務調査」ですが、一般に方には未知の世界ではないでしょうか。税務調査には二つの種類があります。映画やドラマで描かれる「強制調査」は、裁判所の令状が必要で、悪質な脱税が疑われる場合に行われます。一般的な税務調査は「任意調査」と呼ばれ、事前に税務署から電話連絡があり、こちらの予定も考慮したうえで、約2週間後をめどに故人の自宅などで行われます。
ただし、事前に税理士からアドバイスを受けられますし、調査当日に税理士が同席しますので、安心してください。なお、任意調査という名前ですが法律上、納税者は調査を受ける義務があり、拒むと罰則が科せられます。税務調査の対象に選ばれる確率は、相続税申告をした方の約1割ですが、財産額の多い順ではありません。選ばれやすいのは、「名義預金(名義は家族でも実質的な所有者が故人である預金)」など、金融資産の申告もれが疑われる方です。税務調査は、申告書を提出してから数カ月後、場合によっては1年以上たってから行われます。その間に税務署は、故人の取引金融機関に「照会書」を送り、故人や家族の取引記録を過去3年分チェックします。不自然なお金の動きが多かったり、無収入の人の口座に多額の資産があったりした場合は、過去にさかのぼって口座を調べ、調査すべきを検討します。そのため、実際に調査を受けると8割超が申告もれを指摘され、追加の相続税に加え、利息にあたる延滞税や罰金にあたる過少申告加算税などを課されてしまうのです。
故人が保険料を負担して家族にかけた生命保険も、申告もれの場合が多いようです。不安な方は、申告書の提出後も再度確認しましょう。後から申告もれが見つかっても、調査の連絡前に訂正すれば過少申告加算税などは課されません。申告書を提出する時に「書面添付制度」を利用しても似た効果があります。詳しくは税理士に相談してください。例えば実際の税務調査は次のように進められます。
朝10時、調査官が来訪。まずは相続財産と関係のなさそうな(本当は大いに関係ある)故人や家族に関する軽めの質問を受けます。正午から1時間、調査官は昼食に出て、その間に相続人と税理士は午前の質問を踏まえて打合せます。午後1時に調査が再開。金庫、書斎の机、タンスの引き出しなどを確認され、銀行の貸金庫を調べられることもあります。通帳、権利書、日記、手帳もチェックされ、書類が撮影されることもあります。印鑑は紙に押し印影を取られ、午後4時ごろ終わります。書類への署名捺印を求められる場合もありますが、応じなくても大丈夫です。自宅での調査は通常1日で終わり、その後は調査官が指摘事項を税理士に伝え、税理士が反論するなどやりとりをします。従来は結論が出るまで2.3カ月かかりましたが、最近はやや期間が短くなっています。
(ファイナンシャルプランナー・税理士 福田真弓)

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る