7月4日 オトナになった女子たちへ 伊藤理佐

朝日新聞2018年6月29日31面:ブチ散歩遭遇検索! うちの近所の夕方は、犬の散歩ラッシュで、いろーんな犬がご主人様と散歩している。道のむこうにも犬がいるけど、うしろからも犬の音がしてきた。音がなんか変だ。わうわすわう、うー わうわうわう、うー 「これ、振り返って見てもいいよね?」と思えるボリュームで。そっと振り返ると、白い、薄茶の丸いブチの小さな犬がご主人様をひっぱっている。歩いて‥ない。小走っている。んもー、この子、大変なんデス~という感じでオバサマが恥ずかしそうに帽子をおさえている。家に帰って「犬 種類 小型 短毛」と、検索したら「ジャックラッセルテリア」という種類っぽい。元気だ。人間で検索すると「元気 男子 走る なぜ?」という感じ。
わうわうわう、うーが、突然ハゲしくなった。中学校の校庭の中をのぞこうと低い石垣にしがみつく。白い短いシッポ、ブンブン。網のむこうで青春君たちがボールを追いかけている。野球とサッカー。見えん! ってな感じで次! 5歩進んで石垣にしがみつく。「うー」シッポブンブン! 見えん! 次! 5歩「うー」シッポブンブン! そういうオモチャみたいで、もう、釘付け。帽子のご主人様が 「こ、この子、ボールが好きで‥」すみません~ と、追い越しながら、わたしに言い訳した。いえいえいえ、と、こちらもペコリ。するとむこうの角、犬の散歩の人がこちらに曲がってきた。あれ??
(お、おなじ 犬?) 白くて、こげ茶のブチ。一瞬同じ犬種に見えなかったのは、落ち着いているからだ。ッチャッチャッチャ。音も違う。なんか勉強できろうな。「受験 有名女子高 どこ?」という感じ。ソックリで、ぜんぜんちがう。人間のほうが似ている。帽子のオバサマでどちらもスラッとして。薄茶、どーする? こげ茶、どーなる?? 「あら」「お久しぶりです」人間も犬も顔見知りのようす。立ち話が始まった。勝手にホッとした。むこうに、今度は大きな犬が見える。(漫画家)

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る