6月19日 甲子園ベストゲーム 振り返り

朝日新聞2018年6月14日26面(第2埼玉版):「お祭り」とことん楽しむ ピンチでも笑顔見せて真っ向勝負 延長十回裏、宇部商(山口)に打ち込まれ1死二、三塁。一打サヨナラのピンチのマウンドで浦和市立(現市立浦和)のエース星野豊(3年)は笑っていた。駆け寄った捕手の黒沼一輝(同)、遊撃手の鬼塚信次(同)ら内野手、伝令の松崎正人(同)も白い歯を見せた。対するは4番。敬遠し満塁策をとるのが常道の場面で、監督中村三四の指示は「これほど野球を楽しめる場面はない。思いっきり勝負してこい」。「負けたら今晩遅くまで起きていようぜ」と笑った後、星野が繰り出した渾身の一球は外角低めギリギリの直球。スタンドはどよめき、相手の監督が驚いたように体をのけ反らせた。主将で左翼手の蒦手克尚(同)も「鳥肌が立った」。
真っ向勝負の選択は星野を勢いづけた。内外角の低めギリギリにシュート回転の直球やカーブ、スライダーを散らせ、4番を投ゴロ、次打者も二ゴロに打ち取った。黒沼は「星野は真剣勝負を楽しみ、一心不乱にズバッと魔球を投げてみせた。ミットの感触は今も忘れない」。埼玉大会はノーシードで勝ち上がり、甲子園出場49校のなかでは打率が最低の2割5分4厘、平均身長も最低の171㌢、三線数は42.「恥ずかしく試合をしたい」とは言うが、決して「勝つ」とは口にしなかった選手たちに中村が言い続けたのが「甲子園は球児たちのお祭りの場。楽しまなきゃ損だ」。
その言葉に最も勇気づけられたのが、「僕は素人投手」という自己評価の星野だったのかもしれない。元は外野手だった。同学年のエースで4番横田和宜が肩を痛め、強肩の星野に白羽の矢が立った。しかし、球速と制球力ともに欠き、2年秋の県大会で強豪大宮東に1イニング3本塁打を浴び、翌春の県大会地区大会は与野に大敗した。星野が自信を失う一方、中村は「制球力を上げればいける」と考え、強化策に乗り出した。内角低めの制球力を安定させるため、中村が捕手用防具と剣道の小手を身につけて打席に立つ。「俺に当ててもいいぞ」と言い、内角ギリギリに投げさせる練習を徹底した。竹ざおでゴムを引っ張って目標を作り、低めに球を集める練習も続けた。県内外の強豪と練習試合を繰り返し、負け続けながらも、強打者に気後れせず真っ向勝負できる度胸を身につけさせた。
ベスト8入りを目標にした埼玉大会どころか、甲子園では格上と目された佐賀商(佐賀)、常総学院(茨城)、優勝候補の宇都宮学園(栃木)を次々と破った。強豪相手に内角攻めで打ち取る投球、トリックプレーも交えピンチを何度も脱する堅守、バットを短く持つミート打法で得点を重ねる攻撃。中村は「選手が何かを起こす」と、負ける気がしなくなっていた。
勝敗度外視 背中推した監督の一言 「お祭り」をとことん楽しむ浦和野球の神髄が現れたのが宇部商戦だ。中盤に星野が打ち込まれ、五回裏が終わり0-3.「お祭りも潮時か?」中村が選手たちを笑わせると、六回表にすぐさま反撃が始まった。6番星のが力強くたたきつけた遊撃手正面のゴロは、走りながら「跳ねろ 跳ねろ」と念じると幸運にも捕球直前に大きく弾んでセンターへ抜け、1点を返した。七回表には絶好調だった3番阿久津和彦(3年)のフルスイングの2点二塁打で同点に追いついた。九回裏には、前の試合で代打逆転本塁打を放ち、後に横浜ベイスターズで活躍する宇部商の宮内洋(1年)を打席に迎えた。一打サヨナラの場面で敬遠かと思いきや、中村は「本塁打を打たれてもいい。勝負を楽しめ」。星野は全力投球と決め、初球の内角低めスライダーで打ち取った。
延長十一回裏の一打サヨナラのピンチをしのいで十一回表、1死満塁の好機に4番横田。この日無安打で不調だった横田に、中村が耳打ちした。「決め球のカーブを思いっきり振れ。お前しかいないから」無心になった横田は初球のカーブを振り抜き、走者一掃の三塁打を放った。中村はいう。「スクイズさせるのが甲子園の常識かもしれない。でも、結果よりも勝負に挑んで、悔いを残さないよう全力で野球を楽しむ方を選んだ」
準決勝で広島商(広島)に敗れたが涙はなかった。「力を出し切り、達成感でいっぱいだった」と星野。ブルペンで砂をかき集めていると、グランウド整備員に「マウンドに行っておいで」と促された。5試合投げ抜いた場所で、二つの袋に砂を詰め込んだ。がむしゃらに野球と向き合う機会を得た感謝を込め、一つは両親に、もう一つはスタンドで応援してくれた控えの部員のために。注目の剛腕も大砲もいなかった公立校の球児たちは、力のぶつかり合いを存分に楽しんだ結果、4強入りの力を発揮した。ピンチに笑顔を絶やさず、勝敗だけにとらわれない姿は、鮮烈な印象を人々に残した。=敬称略 (森厚志)

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る