5月5日 発した先に「2」

朝日新聞2018年4月30日26面:不確かな動画情報独り歩き 大阪市内にある1Kマンション。6畳ほどの居室に、雑然と洋服が積まれている。「みずにゃん」の名で自作動画を配信し、月60万円以上稼ぐユーチューバ―。浜薗優希さん(27)は、この自室で電話インタビューをした。「白石容疑者と面識があるってことですか?」「その話はガチ(本当)?」電話の相手は、新宿で通行人に店を勧める「キャッチ」の仕事をしているという男性。神奈川県座間市で男女9人が殺害された事件で、同じ地区で風俗関係の「スカウト」をしていた白石隆浩容疑者(27)と「面識がある」という。
男性はスカウトの裏話やマスコミ関係者から聞いた話を語ったうえで、「臓器売っている疑惑もあるらしい」と口にした。「え!!臓器売買?」。驚く浜薗さんに「友達の風俗嬢もそう話していて割とガチっぽい」と付け加えた。逮捕翌日の昨年11月1日、浜薗さんは、15分間のやり取りの動画を「意外な真実が見えた【衝撃】と題し、ユーチューブで配信。約12万回再生された。
□  □
ネットの中では「臓器売買疑惑」が飛び交った。保険会社に勤める藤田淳さん(56)は、札幌の自宅でこの動画を見た。新聞やテレビは、犯行動機を「金銭目的」と報じていたが、納得できなかった。テレビでは近所の住民が、容疑者が住むアパートにクーラボックスを運び込む3人の男を見たと話していた。「組織的な臓器売買と思うと、つじつまが合う。核心に一番近い」。自身のブログで「やはり目的は臓器売買か!?」と見出しをつけて、動画を紹介した。
浜薗さんが動画を配信した頃、記者はこの事件を取材していて、白石容疑者を知っているという男性に会った。内容は、動画に登場する男性の話と詳細までほぼ同じ。大半は伝聞情報で記事にしなかった。後日、男性に電話で「みずにゃんの取材を受けたか」と聞くと否定した。再度念を押すと返事はこなかった。
警視庁の操作では、「クーラーボックスを運んでいた」と言われた3人が運んでいた物は衣装ケースで、事件とは無関係だったことが判明している。臓器売買説についても、警視庁幹部は「ない」と否定している。浜薗さんは広告の仕事をする傍ら、「架空請求業者と闘ってみた」といった動画を投稿し、人気が出た。座間事件は容疑者の人間性を知ろうと取材したという。「臓器売買はないでしょう」と男性の話を疑いつつも、編集しないのがユーチューブの良さだと思い、そのまま配信した。浜薗さんは「自分の影響力に驚いた。真偽がわからないものを発信し、後悔している」。一方で「受け手も情報を見極めることが大事」と語った。
□  □
「ユーチューバ―がマスコミを超える時代」。ネット上にはそうたたえる声がある。人気ユーチューバーが「容疑者を知る人はいないか」と呼びかけると、「関係者」が接触してくる。「コレコレ」を名乗る男性(28)=東京都=は、多い月は300万円を稼ぐユーチューバー。浜薗さんの動画配信と同じ日、「白石容疑者と交際していた」と連絡してきた女性のインタビューを配信した。「(容疑者は)やくざとつながりがある?」「共犯者いる感じは」。コレコレの問いに女性は「裏にいたら私も危ない」「結構つながっていると思う」と応じた。「共犯者がまだいるのは怖すぎる」。視聴者が書き込んでいく。再生回数は67万回以上。警視庁は複数犯説も否定している。コレコレは「見たい人が好きに話題にしてくれればいい。女性の話から単独犯はないと思い、配信した」と言う。
コレコレをはじめユーチューバーら約40人と契約し、イベントのPRなどをしてもらう事務所「テクサ」(東京)は3年前に設立された。契約先は100社以上あるという。会社はユーチューバーらの活動を管理せず、彼らの行動にも責任を負わない。飯田祐基社長(26)は「『本当のこと』という担保はビジネスに寄与しない。ドラマと一緒で、真実でもうそでも、おもしろければいいのでは」と言う。

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る