5月16日 携帯電話通話料 値引き本格化

朝日新聞2019年5月14日1面:su、ドコモに続き最大4割下げ KDDI(au)は13日、携帯電話の通話料を6月から最大4割値下げする新料金プランを発表した。最大手のNTTドコモも4月、通話料を6月から最大4割値下げする。新プランを公表。通信料と端末代を分離させ、通信料の引き下げを狙った法改正が成立し、各社の通信料の割引合戦が本格化してきた。
新料金では、新設の「フラットプラン7プラス」は、以前の同様のプランより4割安くなる。データ使用量は月7㌐バイト(GB)が上限で、家族割引などで月3480円(税抜き、以下同じ)。7GBを上限に利用分だけを3段階で払う「ピタットプラン」に家族割引を組み合わせると、1人あたりの通信料は1GB以下で従来より約3割安い1980円。通信料を巡っては、通信契約を条件に端末代を割り引く「セット販売」が広がっていたが、通信料の高止まりが指摘されていた。昨年8月に菅義偉官房長官が「(携帯の通信料は)4割程度下げる余地がある」と発言し、一気に値下げの議論が進んだ。開会中の国会で10日、改正電気通信事業法が成立。
秋には「セット販売」が禁じられる見通しで、それを見据えてドコモとKDDIは新たなプランを打ち出した。KDDIは高速移動通信方式「5G」の時代を見越し、使用データ上限なしの使い放題プランも今夏から提供する。家族割引などとの組み合わせで月5980円。データ上限なしのプランは国内初という。ドコモは4月、6月に始める新らしい料金プランを発表。データ通信を月30GBまで使える「ギガホ」と、7GBを上限に利用分だけを払う「ギガライト」の2種類をつくった。最大で今より4割安い。ソフトバンクは「微調整で対応する」とし、値下げも視野に入れている。(井上亮)
同日3面:携帯通話料金値下げ横並び鮮明に 端末代は値上げへ「お得」吟味も必要 携帯電話大手のKDDI(au)とNTTドコモが、通信料を最大4割安くする新料金プランを打ち出した。通信契約を条件に端末代を割り引く「セット販売」が、法改正により秋からできなくなのを見据えた動きだ。政府の思惑通りに通信料は下がりそうだが、端末代は実質値上げが見込まれる。どのプランが「お得」がは、これまで以上に吟味する必要がある。(井上亮)▽1面参照
13日にKDDI(au)が発表した新通信料金プランは、先行するNTTドコモへの対抗姿勢が明確だ。最安なのは使った分によって料金が上がる「ピタットプラン」。家族3人以上で加入する条件で、付きのデータ使用量が1㌐バイト(GB)以下の場合、月1980円(税抜き、以下同じ)。今のプラント比べ約3割安くなる計算だ。ドコモの最安料金も使った分だけ料金が上がる「ギガライト」で、家族3人以上で加入すると、月に1GB以下の場合は月1980円。最安料金は2社で「横並び」だ。もっとも、2社ともに割引幅が大きいのは、家族割引などを併用した場合。ない場合は割引が小さく、逆に割高になるケースもあることは注意が必要だ。
KDDIが独自プランとして強調するのが、「フラットプラン7プラス」。同社のスマートフォン利用者の45%が月1~7GB未満といい、7GBまで定額で割安に使える。ネット利用者が多く使うツイッターなど特定のSNSデータ容量を消費したことにならない。スマホでうぃがやドラマなどを見る人向けには、国内初というデータ使用量に上限がない「データMAXプラン」も用意し、家族割引などで月5980円。東海林崇・取締役執行役員専務は13日の会見で、「非常に頑張らせていただいたプランになっている。ご期待いただきたい」と語った。KDDIが胸を張る大容量プランは、ドコモやソフトバンクも月30GBや50GBの利用に対応したプランをすでに用意している。MM総研の横田英明研究部長は、「期待値が高かっただけに、先にプランを出したドコモの後追いの割には横並びでインパクトは薄い。家族割引で自社ユーザーを囲み込みたのだろうとい印象だ」と指摘する。今後の注目は10月に参入する楽天モバイルだ。新規顧客を取り込む必要がある楽天が大胆なプランを出せば、大手3社も追随せざるを得なくなり、通信料金の値下げ圧力となる。
頻繁な買い替え難しくなる? 通信料金と端末代金の分離で、高めの通信料金を背景にした端末代の割引は難しくなる。消費者にとっては、端末代の負担が重くなり、頻繁な買い替えはしにくくなる。総務省幹部も「一時的には高くなるかもしれない」と認める。KDDIとソフトバンクは、4年の分割払いで端末を購入し、2年以上使うなどの条件を満たせば端末代を最大半額に割り引く「4年縛り」を導入しているが、法改正で見直しが求めらそうだ。日本ではスマホシェアの約5割を米アップルの「iPhobe(アイホォーン)」が占める。高価格だが端末代の割引で比較的安く買えていた。端末代が割高になれば、品ぞろえに変化が起きる可能性がある。KDDIは夏の新機種で、防水やバッテリーが長持ちする新機種を中価格帯にそろえた。「分離プランの時代に、通信料金が安いのに端末も安いともっといい、という客が増える」(東海林)と値頃感ある機種を投入する考えだ。

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る