3月22日 きょうもキレイ 色でオシャレを④

朝日新聞2018年3月12日33面:白髪の色み大きく2種類 神のカラーリングも、おしゃれの一つ。髪の色は大きくは黑系と茶系に分かれ、その中でも少しずつ明るさや色みに違いがあります。同じ茶系でも、黄みを含んだものや赤みを含んだものがあります。自分の髪色は自然光が差し込む場所で確認しましょう。毛染めをしている人は地毛の色を見ます。自分の肌や髪色になじむ色に染めるといいでしょう。カラー剤はカラー見本を参考にしてみてください。
また、白髪の人は銀色のような真っ白と、クリーム色っぽいオフホワイトの2種類あります。真っ白ならブルーベースの色が似合いやすく、基本の色に白や黒、灰色を選び、青系や紫系を組み合わせるとすっきりと洗練された雰囲気になります。オフホワイトならイエローベースの色が似合いやすく、ベージュや茶色を基本に、オレンジや緑を入れると柔らかく親しみやすく見えます。
化粧をするとき、チークや口紅を血色に近い色から選ぶときれいに仕上がります。ファンデーションのベージュにはオークル系とピンク系があるので、化粧を落として本来の肌色となじみやすい色を選んでください。似合う色の濃淡でアイシャドーを入れてみたり、カラーマスカラを試したりするのもお勧めです。似合う色は、あなたの魅力を引き出してくれます。上手に取り入れておしゃれを楽しんでください。(日本カラーコーディネーター協会広報 桑野恵美)=おわり

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る