3日「5アンペア生活」に猛暑の試練

朝日新聞2017年8月1日19面:記者の節電、開始から5年 電力会社の電気に極力頼らずに暮らしたいと、2012年7月に契約アンペアを最少の5アンペアに下げてから5年。生活面で折に触れて報告してきた「5アンペア生活」を続けている。3年半の名古屋勤務をへて今春から、再び東京に来た。節電生活を2年ぶりに紹介する。
5年間で電力会社に払った我が家の電気代は計1万9319円で、月平均は322円。60ヵ月の使用量は平均的な家庭の2か月分だった。そんなデータを集めて満足感に浸っていた先週の朝、保育士の妻(36)が唐突に言った。「あーやだ。エアコンつけたいし、レンジも使いたい。普通の暮らしがしたーい」
結婚して3年余、妻は僕(42)の節電生活にきっちり付き合ってきた。独身時代、節電を極めた僕も一度は手放した家電を再び買って要望に応え、互いに譲歩しながら快適な暮らしを模索してきたつもりだ。だから「え、どうして?」と言った後、返す言葉も見つからなかった。
節電のきっかけは東京電力の原発事故から1年が過ぎ、政府が原発再稼働を言い始めたことだ。契約アンペアが小さければ基本料金は安くなるが、一度に使える電気も少なくなる。5アンペアでは消費電力500ワット超の家電は使えない。10アンペアは必要なエアコンはやめ、扇風機と行水で猛暑を乗り切る。炊飯器を手放し、鍋でご飯を炊く。電気をジャブジャブ使っている自覚もないまま、負担を地方に押しつける都市生活を見直し、自分の感覚や技術を磨く節電生活は刺激的で楽しかった。
自信をつけた3年目の夏、結婚した。掃除機も冷蔵庫もない生活に不満を漏らしつつ、妻は「5アンペア生活、やってみる」と前向きだった。
名古屋に住み始めてからは暮らしの質を追求しようと、自分で発電所を設立した。発電所と言ってもベランダにソーラーパネル数枚を置いただけ。「健康第一電力」(健電)と名付け、10万円ほどかけて徐々に設備を強化した。スマホの充電はもちろん、テレビも見られる。今は照明や扇風機、掃除機にも使う。
健電では洗濯機はまだ動かせないので、電力会社の電気を使う。16年夏には大手電力との契約をやめ、再生可能エネルギーを推進する自然派の新電を選んだ。
この新電力の最少契約は10アンペアだったので、妻が熱望し続けたドライヤーを解禁。ほかは「5アンペア以内の生活」が続く。冷蔵庫も妻の迫力に折れたが、「省エネ型製品情報サイト」で調べて、冷蔵庫より省エネ基準達成率が高かった上開きの冷凍庫を買い、それを夏だけ使うことで合意。冷蔵庫で保冷剤を凍らせてクーラーボックスに入れ、冷蔵庫として使う。
こうして忍耐に頼らない節電ライフを築いてきたはずなのに、最も恐れていた妻の「やだ」が飛び出してしまった。原因の一つはこの暑さだろう。名古屋では緑に囲まれた古民家で涼しく暮らした。東京では、川辺の高層公団マンションを選んだ。住宅密集地で風と太陽を味方につける工夫だが、本当に暑い一時、風がぴたりとやんでしまう。
節電で体を壊しては笑いものだし、仲たがいもごめんだ。だが、再稼働が続く原発に頼らない暮らしを本気で模索してきたのだ。猛暑が揺さぶる節電の暮らし。どうするべきか。次の一手は扇風機用の保冷剤を使って、涼風を呼び込むことにしよう。(斎藤健一郎)

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る