21日 原口が元気!!

日刊スポーツ2017年6月16日9面:難病11歳少年に原口が元気!! 日本代表FW原口元気(26=ヘルタ)が、涙でW杯出場決定弾を誓った。イラン遠征から帰国後の15日、東京・日大板橋病院に難病の「拘束型心筋症」と闘うファンの菊地秋也君(11)を訪ね、8月31日のW杯ロシア大会アジア最終予選オーストラリア戦(埼玉)で得点することを約束した。勝てば6大会連続の出場が決まる一戦で、完治への願いを込めたゴールを奪う。
病院慰問 元気印の原口が言葉を発せなくなった。秋也君との初対面を終えると、涙がこみ上げる。懸命にこらえながら「頑張れ、諦める、なんて軽く言えなかったけど、治すんだって気持ちを少しでも強くしてくれたら」。病室では男の約束をかわした。「治ったら一緒にボール蹴ろうな」と頭をなでると「オーストラリア戦で10点とってね」。原口は目を潤ませながら笑顔をつくり「10点は無理だけど1点は必ず取る」と誓った。
2月の会見で両親が「秋也は原口選手の大ファン」と話したことを知り、イラク戦帰国翌日に慰問した。拘束型心筋症は、心室の壁が硬くなって十分に膨らまない国指定の難病。闘病は5年に及び、命を救うには米国で心臓移植手術を受けるしかない。その中でボール、スパイク、サイン色紙を持参して励まし「26歳までサッカーを楽しんでこられた自分は幸せだし、秋也君も病気に勝って幸せになるべき」と完治を願った。
闘病5年 父陽介さん(43)から「最期まで諦めずに走り切る原口選手のプレーを見て、息子は『僕も諦めない』と頑張っている」と伝えられた原口は、反対に勇気づけられて8月31日のオーストラリア戦に挑む。勝てばW杯出場が決まる舞台は、お互いの地元埼玉。決める。約束を果たせば完治につながると信じて。
(木下淳)
🔶募金「秋也くんを救う会」は、米国で心臓手術を受ける際の渡航費、手術費、滞在費として1億2700万円を目標に募金活動中。15日現在で約8823万円が集まり、残り3割。募金口座など詳細は同会の公式サイト
http://saveshuyakun.com/ で。

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る