2月23日 テレビ東京「1」ディレクター

朝日新聞2019年2月18日27面:番組作りの勝負は現場 「at work(アットワーク)」の新シリーズはテレビ東京にお邪魔します。在京の民放キー局では最後発。他局より「低予算」と言われながら、独創的な番組を次々に生み出す秘策を探ります。 収録・編集のリーダー役 朝から晩まで、千葉県成田市の成田空港の到着ロビーをひたすら歩く。そして、マイクを片手に初対面の外国人にインタビューを繰り返す。テレビ東京制作局のディレクター、小野裕之さん(34)の仕事だ。
担当はバラエティー番組の「YOUは何しに日本へ?」。外国人に来日目的をアポ無しで聞き、同行する。2013年にレギュラー放送が始まり、「日本酒造りのコツを学びにきた」「戦前に祖母が住んでいた場所を見てみたい」といった人を放送してきた。ディレクターは一般的に、収録や編集のリーダー役だ。どんな映像を撮影し、どう構成するか、スタッフに指示を出して番組を作り上げる。ドラマ制作では俳優にどんな演技をしてほしいか注文する。番組表を決める編成部に企画を提案する。「YOU」は看板番組だけに陣容は手厚く、ディレクターだけでも外部の制作会社を含めて約30人いる。小野さんもその1人で、「空港でいかに面白い人を見つけられるかが一番大事」。ナレーションで番組の流れを作ることはせず、面白い話は全て現場で引き出すようにする。取材で撮ってきた映像が全てだ。
通訳やカメラマンと取材班を組む。平日亜ほぼ毎日、2~3班が午前9時から午後6時まで到着ロビーで待ち構える。小野さんも月2~3回足を運ぶが、密着までたどりつけるは「30人に声かけして1人いるかないか」だ。昨年11月に同行し、仕事ぶりをみせてもらった。密着が難しいツアー客やビジネスマンは最初から避ける。話を聞けても「普通の観光目的」なら早めに切り上げる。狙うはあくまでもユニークな人だ。「長時間のフライトで疲れているはず」なので質問はテンポよくすることを心がける。この日は、チェコから来た50代男性に密着OKの返事をもらった。「10代の頃にホームステイでお世話になった女性にサプライズで会いたい」のだという。良いネタは「YOU」の制作チームで開く会議に提案し、面白ければ放送用に選ばれる。さらにその上は、プロデューサーの壁がある。番組全体の方向性を決め、予算管理も担う番組の責任者だ。編集した映像に誤解を招く表現がないか、といった放送前の詰めの作業に参加する。
「ディレクターは現場であれもやりたい、これもやりたいと自由にやる。プロデューサーはそれを上から俯瞰する。親子のような役割分担です」07年入社。最初の配属は企業CM枠を提案する営業局だった。テレビ局に入ったからには番組制作に携わりたいと希望し、12年に制作局に異動した。空港で「番組見てますよ」と言われるとうれしい。「会社のお金を使って面白い番組を作れるのは、恵まれている。営業をしていたからこそ、それがわかるんです」
ネット広告費TVに迫る 民放も配信サービスに力 受信料で支えられているNHKと異なり、民放テレビの収入の大部分はCMの広告費だ。ただ、広告をめぐる環境は劇的に変化しており、各局も対応を迫られている。電通の「日本の広告費」によると、2017年の総広告費は6兆3970億円。テレビはこのうち、約2兆円を占めて依然としてトップだ。ただ、この数年で、インターネットとの差を急速に詰められている。17年のネットの広告費は約1兆5千億円。この10年の間に約2倍に増加した。09年に新聞を追い抜き、媒体別で2位に浮上。今のペースで増え続けると、近いうちにテレビも追い抜くとみられている。
背景にはスマホの普及と、通信速度や扱えるデータ容量の発達、若い世代を中心にした「テレビ離れ」があるとされる。こうした状況を受け、在京局を中心に00年年代半ばから番組のネット配信サービスに力を入れている。「アマゾンプライムビデオ」「ネットフリックス」などの外部の定額制配信サービスに番組を提供するほか、東京や大阪の民放9社が連携したCM付き無料配信サイト「TVer」などがある。テレビ朝日は16年、IT大手サイバーエージョントとの共同出資で。スマホ向けの無料ネットテレビ局「AbemaaTV」を開局した。(滝沢卓)
職場のホンネ 有休取らせる難しさ 大手企業の管理部門の課長です。働き方改革で「有給休暇をしっかり部下に取らせるように」との要請があります。ただ、部下にもスケジュール管理が得意な人と不得意な人がいます。不得意な人にむりやり休むよう詰め寄ると、部下が上司の働きを評価する社内のしくみで悪い評価になる。部長から指摘され、気まずくなる。板挟み状態です。4月から法律で有給休暇の一定消化が義務化されますが、職場の雰囲気が悪くなる方向に働かないか心配です。(東京都・40代男性)

 

 

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る