11月12日 米FBにロシアマネー

朝日新聞2017年11月7日3面:パラダイス文書 ツイッターも情報耕作影響焦点 ロシア政府系の銀行や企業の資金が、プーチン氏に近い著名投資家ユーリ・ミナルー氏が創設したファンドを通じて、SNS大手の米ツイッター社と米フェイスブック(FB)社に流れていたことが、「パラダイス文書」を元にした国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)の取材で分かった。米国では、ロシアによるSNS投稿や偽ニュースを通じた情報工作が大統領選に影響を与えたとして問題となっている。SNS大手がロシア政府系の投資を受けていたことは論議を呼びそうだ。
ミナルー氏がフェイスブックやツイッターなどに初期投資を行い富を得たことは知られていたが、ロシア政府系投資が資金源の一部となっていたことが、初めて明らかになった。ロシア国営のVTB銀行は、ミルナー氏のファンドに1.9億ドル(約210億円)を投資。ファンドは2011年、この資金でツイッター社の株を大量購入した後、株式公開後の14年に高値で売却した。
またロシアの政府系天然ガス独占企業ガスプロムの子会社も、英領バージン諸島の企業へ数億ドルを貸し付けた。この企業はミルナー氏のファンドに投資。ファンドは09~11年にフェイスブック社の株式を購入し、13年までに売却した。ミルナー氏はICIJの取材に対し、「投資は政治とは全く関係がない」と回答。国営銀行がツイッター社の経営に携わる権利を持ったことなどもないとした。ツイッター社とフェイスブック社は「ミルナー氏からの投資については適切に調査した」と回答した。
ロス氏「対ロ制裁違反ない」問題の株保有は否定せず 「パラダイス文書」の報道で、プーチン大統領に近いロシア企業と利害関係を保っていたと指摘されたロス米商務長官は6日、英PA通信に対し、ロシア企業との交渉には関わっていないとし、「(米国のロシアへの)制裁に違反することは一切ない」と述べた。
また、問題視された株について「商務長官就任時に手放すよう、米政府から求められていない」「保有する株の情報はすべて公開している」と主張した。ロシア企業との利害関係の有無については触れなかった。
ロス氏の問題について野党・民主党のブルーメンソル上院議員は、徹底調査を商務省の監察官に求めた。同議員は声明で「ロシアの民芸人形マトリョーシカのようだ。明らかな利益相反が、一見すると無味乾燥な持ち株会社に隠されている」と問題視した。世界で一斉に報道が始まった「パラダイス文書」は各国を揺らしている。
トルドー首相を支える投資家が巨額の資金をタックスイヘブンで運用していたカナダ。同国歳入庁の報道官は報道を受け、「カナダの法人の関りを精査している」との声明を出した。
エリザベス英女王の個人資産もタックヘイブンで運用されていた。野党・労働党のホッジ議員はBBCの取材に「王室の資金を扱うなら、通常以上にクリーンにし、税逃れなどの汚い世界に近づいてはいけないのは明らかだ」と指摘した。昨年のノーベル平和賞を受賞したコロンビアのサントス大統領は、バルバドスの保険会社2社の役員として記録されていた。同氏は声明で「1ペソたりとも出資しておらず、共同経営者だったこともない」と関連を否定した。パキスタンではアジス元首相の資産隠しの疑いが浮上した。地元各紙は6日の朝刊1面で「新たな疑惑の山」「大金持ちの『パラダイス』が明るみに」と報じた。
政府コメント「すべきでない」菅官房長官 ロス米商務長官がタックスイヘブン(租税回避地)を利用してロシア企業から利益を得ていたとされる問題で、菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で「他国の内政に関わる問題であり、政府としてはコメントすべきではない。事実関係も承知していない」と語った。


パラダイス文書を入手ICIJって何? 世界中の記者が協力しあう報道機関。各国で要人を取材。
コブク郎 「タックスヘイブン」が話題になっているけど、何だろう? A 世界には所得にかかる税金がほとんどゼロの国や地域がある。そこに会社をつくって利益をうまく移せば税金を逃れられるかもしれない。そんな場所だ。
コブク郎 「ヘイブン」って天国という意味だよね。 A 天国はヘブンだ。ヘイブンは避難港という意味の英語で、タックスヘイブンは「租税回避地」と訳されているよ。ただ、イタリア語やフランス語ではタックスヘイブンを「税のパラダイス」と呼んでいる。
コブク郎 「パラダイス文章」の記事を読んだよ。 A そういう場所に関わる人や企業の文書が法律事務所とか、あちこちから大量に流失し、それに基づく報道が始まった。こちらをひとくくりにして「パラダイス文書」と呼んでいる。
コブク郎 いろんな人の名前があがっているよね。 A 英国のエリザベス女王やアメリカのロス商務長官の投資先の問題、カナダのトルドー首相の腹心の疑惑はそれぞれの国の記者が中心になって取材した。鳩山由紀夫元首相には朝日新聞記者が話を聞いた。どれもパラダイス文書が取材のきっかけなんだ。(奥山俊宏)

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る