11月10日 投資の新「常識」②

朝日新聞2017年11月6日35面:健康で働ける力 長く保つ 老後は年金だけで生活できないので、短時間でも働こうと考えています。ただ、体力が続くかどうかが心配です。 老後の生活資金の中心となる公的年金の資格期間が8月から短くなりました。受給資格が、「25年以上」の加入期間から、「10年以上」に短縮されました。無年金者をなくす意味では朗報ですが、財源はどうするのか、という問題も残ります。消費税とセットの予定が、短縮が先になったからです。
10年の資格期間では、受け取れる年金額は少なく、それだけでは生活できません。そのため老後までにお金を準備しておく必要がありますが、年金額が少ないほど、必要なお金は多くなります。年金が多くても生活水準が高い人は、やはり多額のお金が必要です。どれくらいのお金を準備すべきか。万人に共通の答えはありません。それでも、共通する答えに「人的資本」を保つ、ということが挙げられます。
人的資本とは、簡単に言えば「健康で働くことができる力」です。長く維持できれば、たとえ多額の老後資金を準備できなくても、あるいは将来、公的年金の受給開始年齢が引き上げられても、乗り切れる可能性が高くなります。「人的資本」を活用できるように保つことは、立派な老後の準備になるのです。
一般的に、高齢になればなるほど人的資本は徐々に目減りし、収入を得る力はなくなります。だからこそ老後を迎える前にしっかりとお金をためましょうという話になります。でも働く力があれば収入を得られるので、老後までに積み上げるべきお金は少なくてすみます。老後も働かないといけないのか、セカンドライフがないまま一生を終えるのか、という反論があるかもしれません。私は老後も朝から晩まで働くべきだ、と言っているわけではありません。楽しみながら、空いている時間をうまく使って働いたらどうでしょうか、と言いたいのです。
人的資本の維持は若いときから重要です。仕事が厳しく辞めようかと悩んだ時、休職や退職のリスクを考えて、無理をしてその仕事を続ける気持ちもわからなくありません。でも、無理をして健康を損ない、人的資本をなくしてしまうのは、長い将来を考えれば大きな損失になります。
老後の準備は早いうちから行った方が良いと言われます。大事なのはお金の準備より、誰もが持つ人的資本を衰えさずにいかに年齢を重ねるか。これが万人に共通の老後の準備ではないか、と思えてなりません。人的資本を維持するためには、健康に留意しなければなりません。肉体的な面、精神(心)的な面の両方の健康に気を配る必要があります。極端に言えば、人的資本さえあれば何とかなる。老後の備えのため、人的資本はそれくらい大切なものなのです。=全12回
(ファイナンシャルプランナー 深野康彦)

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る