10月23日 老いて一人暮らし支えは

朝日新聞2017年10月20日33面:「もし倒れたら・・」地区で近況確認 一人暮らしの高齢者が増え続けています。老後を安心して暮らすには、地域での支え合いが欠かせません。大阪府の堺市南部を中心に広がる泉北ニュータウンは、開かれて半世紀。全国各地のニュータウンと同様に、高齢化の波が押し寄せる。
今月9日、マンションの一室に女性16人が集まった。その半数以上は一人暮らし。市民グループ「泉北ホスピスを進める会ウイル」が開く「おひとり様サロン」だ。「正月やお盆を1人で過ごすのは結構、努力がいる。みんなで初詣に行きたいね」ウイル代表の川辺宣子さん(73)が呼びかけると、「いいね」と声が上がった。ウイルは地域にホスピスを根付かせようと1990年代から活動してきたが、会員が高齢化。配偶者に先立たれたり、子どもが独立したりして独居になる人が増えた。そこで昨年4月に始めたのがおひとり様サロンだ。地域ごとに四つのグループに分かれ、勉強会や介護施設の見学を実施。医療や介護の関係者との連携もあり、「安心してこの町で最後まで過ごす」を目標に掲げている。参加者は計60人ほどで平均年齢は約75歳。
訪問看護師を講師に招いた時は、「最期をどこで迎えたいか」で盛り上がった。地域リーダーはメンバーに電話で出欠を確認し、近況も聞く。「体調が悪くて参加できない人に『元気になったら戻ってきて下さいね』と言うだけで、本人も少し明るくなれる」と話すのはリーダーの一人、寺沼由美子さん(70)。健康に問題はないが、自身も一人暮らしで「自宅で急に倒れたら」という不安はある。郵便受けに新聞がたまったていたら気づいてねー。近所の人にはそう伝えている。
東京都立川市に住む女性を中心に約20人で作る「リリアンネット」も昨年4月に発足した。メンバーは、いずれも単身の高齢女性やその予備軍の人たち。介護や人生の終わりを迎える準備を整える「終活」を学ぶ「老楽(おいらく)セミナー」と題した定例会を毎月、開いている。
今月15日のセミナーでは、代表の太田知子さん(62)がケアハウスを紹介した。ケアハウスは、ある程度自立しているが、独居に不安のある高齢者に食事などを提供する施設。比較的低料金で入れる。大田さんが見学した2ヵ所について説明し、「どちらも単身向けは満室だどうです」と付け加えると、会場からは「やっぱり・・」と、ため息が漏れた。「サービス付き高齢者向け住宅が増えているが、収入が年金だけのお一人様女性にはハードルが高い」と大田さん。単身高齢者に必要なのは、安心して過ごせる低価格の住まいだという。
住民同志どうつなげる 単身高齢者は全国で650万世帯を超える。今は自立していても、認知症や急病になる不安を抱える人も多い。内閣府が2014年に単身高齢者を対象に行った意識調査では、日常生活に感じる不安は「健康や病気」(58%)あ最も多く、「介護が必要な状態になる」(42%)が続いた。「孤独死を身近に感じるか」という質問には、44%が「感じる」と答えた。
こうした先々の不安を解消しようと、地域でつながりをつくる動きが広がっている。東京都八王子市の郊外にある舘ケ岡団地には高齢者世帯が1千世帯ほどあり、そのうち約7割が一人暮らしという。市は11年、団地の一角に高齢者の相談に応じる相談室を開設。最初の1ヵ月間で70人が相談に訪れた。
「いつまで1人で生活していけるのか、みんな漠然とした寂しさや不安を訴えてきた」。当時、室長だった今泉靖徳さん(47)は振り返る。その頃、団地内にある商店街の人通りは少なく、冷たい乾いた印象を受けた。街の空気を変えようと、5カ月後に相談室の中に「ふらっとカフェ」を併設。1杯100円でコーヒーを出した。すると、カフェに集まってくる高齢者同士が知り合いになり、お互いにつながりが生まれて「ゆるやかな見守り機能」ができていった。
相談室が企画した団地内を歩く「ノルディックウォーキング」は男性の人気を集め、今は住民主導で月に2回行われている。近隣の学生が高齢者を戸別訪問したり、自治会が「自転車タクシー」を団地内で運航したり。住民と協力した取り組みは、注目されるようになった。
この団地でも高齢者の孤独死が起きたり、支援が必要でも介入が難しい人がいたりするといった課題は残る。今泉さんは「近所の人たちは異変に気づいていることが多いが、どう手をさしのべたらいいのか分からない。相談室のように住民と住民、住民と行政をつなぐ存在が必要」と指摘。国は支え合いの仕組みを作る生活支援コーディネーターの配置を進めるが、「地域の実情に応じて柔軟に取り組める実勢を作るべきだ」と求める。(及川綾子)

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る