10月10日 オトナになった女子たちへ 伊藤理佐

朝日新聞2018年10月5日29面:どうしてこの形? 11人いる。(by萩尾望都せんせい・・)と、つぶやきながら数える。パパ3人、ママ3人、3家族のコドモ合計5人。3+3+5=11。あってる? あっている。連休に3家族で、貸し切りの古民家に泊った。台所付き。オトナは宴会して、コドモは家じゅう走り回って疲れた雑魚寝、の楽しい一泊の次の朝、パンやスープやらを温かくして11人でテーブルを囲んで食べていた。いい天気だ。一瞬、シーンとなった。「この、ヤカン・・」 ママAがモグモグとつぶやいた。「ヘンなかたち・・」
そうそう、そうなの。オトナ、うなずく。テーブルの上に置いた。水入りヤカンがさっきからヘンな形なのだ。そうか、フタがすっごくでかいのだ。漫画でこのヤカン描いたら「ヤカンはこんな形じゃありません」って、ボツだわ。「全身、フタ・・」 と、パパB。そう、鍋に手持ちと注ぎ口をくっつけたような。「洗いやすそう」「欲しいかも」「麦茶いれたい」ママA、B、C(わたし)は、ヤカンをホメる方向だ。
「ストーブ用ですかね?」「もしや、スープ用では?」パパA、B、C(ヨシダサン)は、アウトドア寄りの意見を出してきた。「スープ用」ってのに、みんなときめく。いいね~ 「でも、」「スープ、具入り?」「だと、洗う時・・」 注ぎ口は普通サイズだ。ママBがここを洗っている時を想像して顔をしかめる。そういえばフツウのヤカンのフタはなぜ本体より小さめなのか。「お湯を注ぐ時こぼれないためですよね」「フタ、すごく小さいのもあるよね」「フタが小さいヤカンは注ぎ口がでかい気がする。そこから水をいれろと言わんばかりに」
パパAがポエムのような意見を言う。どうしてこの形なのか。ヤカンは黙っている。当てて欲しい気がしている気がする。「でかけようよ~」と、コドモ5人。朝の会議は終わった。いい会議だった。みんな二日酔いじゃなければ、素晴らしい答えを出せたのちがいない。 (漫画家)

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る