1月9日 野球の国から 松井秀喜「4」

日刊スポーツ2019年1月5日4面:初めて野球と無縁の生活 2009年(平21)12月。フリーエージェントとなっていた松井はヤンキースのピンストライプに別れを告げ、エンゼルスと契約を交わした。歴史と伝統を持ち、常勝を義務付けられた盟主とは、チムカラーも体質もまったく違った。赤いユニホーム姿になじむのに、さほど多くの時間は必要なかった。同年齢のトリ―・ハンターらの主軸とすぐ溶け込み、メジャー8年目がスタートした。「当時、ヤンキースはエンゼルスになかなか勝てなくて強かった。『エンゼルスは強い』という、対戦してきたイメージで入りましたけど、本当にファミリー球団でしたね」 開幕戦に「4番DH」でスタメン出場した。1号アーチを放つなど、幸先よく発信したかのように見えた。ところが春先は調子が上がらず、5月には打率2割2分台を低迷。夏場以降、調子を上げたものの、打率2割7分4厘、21本塁打でシーズンを終えた。同年オフ、再びFAとなった松井は、アスレチックスと契約した。ア軍で1年間プレーした翌年4月、レイズとマイナー契約。引き際は、着実に迫っていた。ヤ軍以外の各球団に所属したことで、野球のスタイルだけでなく、組織としての違いも実感した。「いい経験でした。各チームで力になれず、申し訳なかったですけど、チームによって特色があるのがすごく分かりました。将来に生かせるかは別ですけど・・一野球選手として感じられたことは、財産になったと思います。外から見ているのと、中に入るのはやっぱり違うということです」
現役を退いた松井は、しばし「私人」に戻った。甲子園で注目された以来、常にメディアに追われた生活が一変。ニューヨークを散歩する際、声を掛けられることはあってもカメラを向けられることはなくなった。13年3月に長男が誕生。穏やかな時間を過ごした。
「何もやってなかったですね。巨人とヤンキースで引退式をやってもらいましたけど、それだけです。子どもが生まれてそれどころじゃなかたですからね。何となく”イクメン”のフリはしてますけど・・」物心がついて以来、初めてともいえる野球と無縁の生活。異国の地で家族との時間を過ごすことは、かけがえのない貴重な充電期間だった。意図的に自らを野球から遠ざけていたわけではないだろう。興味を持てないのでなく、将来、再び野球と向き合うためにも、必要な時間だったのではないか。
「ほとんど試合は見なかったです。ヤンキースも巨人も、ネットのニュースで。せいぜいそれぐらい・・辞めちゃうと『試合を見たい』というのが、ないんです。不思議なもので、自分がやっていると見ながらいろいろ考えますけど、辞めちゃうと全然、そういうのが頭にないんです」松井は次第に、球界への恩義と自らに求められる使命を考え始めるようになる。(四竈衛)

朝日新聞ASAの伸光堂西部販売 森林文化協会

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0120-740-276

〒352-0011 埼玉県新座市野火止8-14-29

ページトップへ戻る